国交省、日本郵船ほか7社に内航船「省エネ格付け」

「LogisticsToday」様からのニュースです。(要約)

国土交通省は26日、内航船「省エネ格付け」制度で格付けを行ったと発表した。
国交省は、暫定運用を7月7日から開始している。
曳船「魁」、近海郵船のRORO船「ひだか」のほか、丸三海運と向島ドッグの貨物船、四国開発フェリー・太平洋フェリー・名門太洋フェリー(2件)の旅客船兼自動車渡船が取得した。
荷主や消費者へのアピールが可能になったり、海事局が定期的に格付け☆3つ以上の「優良事業者」を公表することで、荷主などへのPRを後押したりといったメリットを受けることができる。

<記事全文>http://www.logi-today.com/307042