那覇―ホーチミンに新航路 越への輸出増に期待

「琉球新報」様からのニュースです。(要約)

中国の海運会社、上海海華輪船(HASCO)がホーチミン港につながる国際コンテナ船の運航を始めた。18日には第1便が那覇に入る。那覇とベトナムをつなぐ物流航路は初めてで、船舶代理店を務める沖縄国際海運(石垣市、上勢頭保社長)は「市場拡大が予想されるベトナムへの直航便は、東南アジアへ進出する県内企業を応援できる」と語った。ホーチミン港につながる国際コンテナ船の運航を始めた。
18日には第1便が那覇に入る。那覇とベトナムをつなぐ物流航路は初めてで、船舶代理店を務める沖縄国際海運(石垣市、上勢頭保社長)は「市場拡大が予想されるベトナムへの直航便は、東南アジアへ進出する県内企業を応援できる」と語った。上海海華輸船と沖縄国際海運は2005年に運航を始めたが、これを中国大陸側は江蘇省の連雲港、南はベトナムまで運航範囲を拡大する。
貨物船3隻を連雲港―上海―那覇―基隆―ホーチミンを巡って上海に戻る経路で運航する。
直航便により那覇からホーチミン港まで輸出の所要期間は5日に短縮される。直航便も初めてとなる。

<記事全文>https://ryukyushimpo.jp/news/entry-645990.html