韓国海運会社 日本▪東南アジア航路から7隻を撤退

韓日航路と東南アジア航路に対し、構造調整が行われます。海洋水産部と韓国船主協会によりますと、国内コンテナ船会社は、韓国海運連合(KSP)を通じて韓日航路と東南アジア航路から合計7隻の船舶を撤退する予定です。
8月に海運会社14社が結成した成果になります。
合意により、釜山と博多・門司を行き来する韓日航路は、これまで海運会社5社が船舶を運航していましたが、これから4隻に減ります。
韓国とタイを行き来する東南アジア航路は、従来の8本から7本に減り、船舶3隻が撤退されます。
加盟社は、今後もベトナムハイフォン航路など、重複する路線を航路の合理化を図ると新規航路も積極的に発掘していく計画だということです。

<記事全文>http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=65977